看護師のための消化の仕組み

消化管の基礎構造と壁在神経叢

消化管運動を引き起こし、物理的消化をもたらす平滑筋は、
消化管の長軸方向に収縮する縦走筋と、
消化管の断面をくびれさせる輪走筋という
走行の異なる二つの層からなり、
この二つの組み合わせによって、多彩な運動が生み出されています。

 

この筋層同士の間、及び筋層と粘膜下組織との間に存在する
「神経叢」という構造が特に重要です。

 

神経叢は、それぞれ発見者にちなんで「アウエルバッハ神経叢」、
「マイスネル(マイスナー)神経叢」と呼びます。

 

「アウエルバッハ神経叢」と「マイスネル(マイスナー)神経叢」は、
「壁在神経叢」と総称されます。

 

そして、文字通り叢のように消化管に分布し、
互いに連絡しあい、独特のネットワークを形成しています。

 

壁在神経叢は、自律神経とも接続されていて、
その指示を受けなくても、それ自体で閉じた反射弓を形成しています。

 

一般的な反射弓では、感覚刺激による興奮が求心路を通り、
脊髄や脳神経核などの反射中枢に到達してから、
遠心路に乗り換絵、興奮が引き返してきます。

 

ですが、壁在神経叢は、このような回り道をしなくても、
現場だけで反射が起きています。

 

ですから、異なる部位の消化管が互いに協調しあいながら、
管腔内の状況に対応しながら消化を行う事が簡単になっていると考えられます。

 

「アウエルバッハ神経叢」、「マイスネル(マイスナー)神経叢」にも、
働きの違いがあります。

 

筋層に挟まれた「アウエルバッハ神経叢」は、
平滑筋の収縮を長軸方向に渡って制御します。

 

粘膜に近い「マイスネル(マイスナー)神経叢」は、
粘膜上皮の感覚情報をもとに、
分泌腺などに働きかけて局所の状況をコントロールします。

 

壁在神経叢が不可欠な例として、
例えば腸管の蠕動運動があります。

 

管腔内に食物があり、消化管壁が接触刺激や伸展刺激を受けると、
その近くの消化管が収縮し、「収縮輪」と呼ばれるくびれを形成します。

 

今くびれの形成に伴い内容物が移動し、さらに収縮輪も移動し、
内容物の輸送が行われます。

 

理論上は、収縮輪は発生部位から口側・肛門側の両方向に伝播しても良いはずです。
ですが、口側へ伝播したものは急速に減衰して消失します。
そして、肛門側への波はより長く持続します。

 

蠕動のメカニズムには、強い関心がもたれています。
ですが複合的な要因によって絶妙に実現されていて、
いまだ満足には解明されていない実状です。

 

しかし、少なくとも壁在神経叢の働きが必須であることは明らかで、
先天的にこれを欠くヒルシュスブルング病の症状を見てみると
それが事実であることがよく分ります。